酸素カプセルにチャレンジしてみたいといった人もいることでしょう。酸素カプセルはマッサージ店でも利用することができます。お近くのマッサージ店に問い合わせみるといいでしょう。マッサージ店は夕方と休日、混雑していることも多いです。予約しておくとスムーズです。予約しないで行った場合、1時間や2時間待ちといったケースもあります。

みなさんは「酸素濃度」について耳にしたことがあるでしょうか?初めて聞くといった人もいるかと思います。酸素濃度が足りないと頭痛がしたり、体がしびれるなどの症状が出ます。高山病に近い症状です。18%ほどに低下すると思考能力が低下します。これがいわゆる高山病です。

リマのマチュピチュは有名な場所です。隣のボリビアのウユニ湖と合わせて観光する人もいることでしょう。ボリビア周辺は非常に標高が高く、酸素も不足しがちです。高山病になる人も多いです。そのため可能であれば少しずつ日数をかけて高い場所に移動するのが理想となっています。仕事をしている人は、そんなに長期で旅に出ることも難しいことでしょう。そうした人は薬を飲んだり、酸素を補給するなど工夫が必要です。
19%になると息が苦しいと感じます。めまいや息切れもおこしやすくなります。また20%をこえると手足にしびれが出てきます。こうなればもう緊急搬送しなくてはならないレベルです。酸素マスクなど便利なものあるので、自分の健康は過信することなく気をつけて行動したいところです。

また慢性酸素不足といった人もいます。こうした人に起きやすい症状は集中力にかけていたり、物忘れが多いとった症状です。思い当たる点がある人は酸素について調べてみるといいでしょう。
酸素が足りないと脳も疲れた状態から脱出できず、気分も不快になりがちです。体のリズムを取り戻すために、空気のいい場所でゆっくりするのがベストです。
現実問題、そうした場所に移動することが難しい人も多いと思うので、近くのマッサージ店で酸素カプセルを使って見るのが良いかもしれません。脳が酸欠状態になると痴呆にもつながります。痴呆を防ぐためにも空気が良い場所で生活することは大事なことです。

また酸素が不足すると視力も悪くなります。視力が著しく低下している人は、酸素補給で何かトラブルがあるかもしれません。こうした場合、一時的なものなので酸素の補充が上手くなされれば、視力も回復する可能性があります。

何よりも健康第一です。疲れを感じたら、自分をケアする方法を探してみてください。